選択

2011年キャプテン川渕氏より色紙をいただきました。それには次のような言葉が書かれております。「有賀千歳さん 夢は持ち続ければ 必ず叶う」 私にとって今の「夢」とは何なのか?考えております。実はもう一枚の色紙ももらいました。「埼玉柏葉さん 夢があるから 強くなる」 埼玉柏葉とは私が指導しているバスケットボールクラブです。昨日もやる気が前面に出ない子供たちを指導してきたばかりです。

私もチームも何かが足りない。いつになったら見えるようになるのだろう。しばらくは、暗闇をさまよっているんだろうな。

兄から詩が送られてきました。

化身

小川英晴

私は病んでいるのです

傷口から沁みでる膿が

こんなにも微熱を出させてびしょ濡れにする

それでわたしはうなされながら

身をくねらせて病める蛇になるのです

赤らむ肌に棘のような痛みが走るたびに

わたしは薄皮を脱ぎ捨てて脱皮する

盲いた蛇になるのです

そうしてこの世とあの世を

わたしのからだでしっかり繋ぐ

そのたびに魂は目に見えぬ管を通して

荊の木へと変身し

熟れた赤い花を小枝に灯す

「ああいい もっといい」という声が

どこからともなく聴こえてくるたびに

荊の木は月の光をさらさら浴びてすきとおり

わたしの魂は青ざめた荊の枝を伝わって

するすると天上高く昇ってゆくのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする