研修のまとめ

親も支援者も自分の「障害観」「障害者観」を点検する。→バスケの指導でいえば、子供の実態を見直し、指導に無理がないかを点検する。
本人のトライ&エラーを肯定的にとらえる。
資源がない場合は、意図的に作り出す。
取り巻く家族の自立も視野に入れる。

以上です。
有賀

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする