料理の味がおかしい

最近特に自炊生活を多くしている。
カレーを作ったりしているが、いまいち味がおかしい。
昨日も体に優しいシチューやマーボ茄子を作ったがいまいち。鍋、スプーン等に原因があると疑ったが、実は油の劣化が原因だった。この際、冷蔵庫の中の整理をしようと考え、調味料などの◯◯期限などを調べ、怪しいものはすべて処分した。特に貰い物は使う前に期限を過ぎてしまっているものもあった。処分することはもったいないが健康の方が大切だ。今朝は早く起き、昨日のリベンジとして残り物でシチューを作った。朝から胃に重いが、味は確かなものになった。すべての食材は余分に買わないこと。冷蔵庫にはたくさん入れないことなど心がけようと思った。
ラッキーだったのは、劣化したものを使った料理で体調を壊さなかったことだ。
「おっさんのひとり飯」「タモリの料理」などを見習い、粋な、拘りのある食生活をしようと改めて決意しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする