英語力は、文書構成の熟知とボキャブラリーの充実に尽きる

最近、少しずつ英語に親しんでいるが、なんといっても英語は、日本語とは違う文書構成の理解と語彙力が必要だ。私は、学生時代英語が苦手だった。苦手な理由は学習方法がわからなかったためだと今頃になって回想している。
学習方法を模索する以前に学習量も足りなかった。学習量が豊富だったら、学習方法も分かったかもしれない。
今は、昔のことを後悔しても仕方がない。
今やることは、少しずつ英語に親しんでいくことだと思っている。あまり気張らずに。
最近見た「ズートピア」のセリフに、「無理をしない」というセリフが出てくるが、私はこの言葉を長年誤解していたようだ。「無理をしない」は「努力しない」ことではないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする