スポ少県大会1日目

スポーツ少年団大会1日目男子会場に参加した。
立場は来賓だが、この大会でのマンツーマンコミッショナーの配置や状況視察も主な目的の一つであった。一番の目的は、U12日本代表候補者の発掘であった。体が大きく、稀有なる運動能力を持っている選手はなかなかいない。埼玉県には約460チームのミニバスチームがあるが、なかなか逸材は見つからない。見つけたとしても適切な指導を継続的しなければ伸びないのも事実である。
選手の発掘と指導者の育成もバスケットボール界に求められている。ボランティアでやっている指導者に多くは期待できない。指導者育成のシステムも働きながらの学びでは限度がある。
明日は、決勝会場に行く。男女の試合が見られるので楽しみにしているが上記の課題も考えなければならない。
決勝会場の深谷ビッグタートルは志木から片道60kmもある。約1時間の運転だ。今日は早く寝るとするか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする