教育社会学者 舞田氏に共感

私は、日本教育新聞の読者である。特に、連載されている「数字が語る 日本の教育」は毎回熟読している。2016年9月19日の日本教育新聞で舞田敏彦氏が特集された。
タイトルは、「データーにどう向き合う」「階層から目を背けないで」だ。教育政策にもエビデンス(科学的根拠)を求めることや道徳の教科化、小中一貫教育の導入には根拠がないことなどその通りだと考える。
他にも私自身の長い教職経験からも学力と階層とは密接な関係がある。触れたくない問題だが事実は事実である。日本はもっと教育にお金をかけるべきだと考える。
なかなかの内容なので興味のある方はご覧ください。

maida

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする