膝の名医

合宿の時、準備運動不足のまま調子に乗り子どもたちと一緒に試合を行いました。その時以来右ひざの裏側に痛みが走るので、昨日市内の専門医に行きました。不愛想な先生ですが、診断は素晴らしく、事実、考えられること、レントゲンの結果と分析など丁寧にしてくれました。有名なK大学医学部を卒業され、某公立医療センターをやめられて現在地元で開業されています。5年前も左ひざを痛めて通ったこともあります。診断はずばり、「加齢による膝の軟骨が減ったのが原因、今は大したことがないので本格的な治療は必要ないが、膝の筋肉を鍛え、体重を増やさないことが大切だ。」と言ってくれました。膝を鍛える運動は自転車に乗ることである。早速午後のバスケの練習は往復20kmの道のりを自転車を使いました。自転車に乗って感じたことは、悪いのは左右どちらもだということです。先生の指示通り、膝上に筋肉をつけることに励もうかと思います。改めて、かかる医者はどこでもいいのではないことを感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする