タクシー初乗り410円スタート

東京都内で30日、「初乗り410円のタクシー」が始動した。利用者減の対策の一つとして「ちょい乗り」需要に期待を膨らませる一方、「前決め運賃」、「相乗り」の将来的な導入も視野に入れているという。

私は、「ちょい乗り」するなら「歩こう」と決めている。健康維持、体力の維持が念頭にあるからだ。それよりも自動車道ではない自転車専用道路の整備の方がこれから考えていかなければならないことだと思っている。明らかに国民の志向は変わってきている。タクシー料金の改定を考えるよりも、行政とタイアップして高齢者や障がい者に対してのタクシーサービスの方へ大きく舵をとった方がよいと考える。私は、エスカレーターより階段、ちょい乗りタクシーより徒歩若しくはレンタル自転車での移動を考えている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする