アレルギー

「来ましたか?」「先週から。」「今年は早いね。」こんな話題が私の周りにも出始めた。花粉症の時期が来たのだ。

私は、まだ花粉症になっていない。目がかゆい、注射、薬、メガネ、マスク…花粉症に関する言葉は私には関係ないがいつ私にもこのような症状が出るかと思うと不安になる。

喘息2005年約400万人→2008年約800万人、花粉症2001年12%→2010年47.2%、もはや国民病となったアレルギー。このようなアレルギーは将来的に完治に向かうのだろうか?

アレルギーの要因は、体質と環境であるといわれている。外部要因としては、①アレルゲン(アレルギーの原因となるもの)への接触②大気汚染③喫煙(受動喫煙)④ウイルス感染⑤天気・温度・湿度があり、内部要因としては、①遺伝②免疫機能の発達度③各臓器のアレルギーの影響の受けやすさなどがある。今や、いつだれがアレルギーを発症するか分からない。かつては、アレルギーは子どもに多いと思われていたが、今は大人の発症のピークは40代から50代だといわれている。

効果的な予防策はあるのか?近い将来私もかかるのか?少々不安になる昨今である。今日も都内にであるが、マスクとメガネは着用して出かけることにしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする