スポーツはいつから始める?

体の発達に見るスポーツの習い始めの時期はアメリカの学者スキャモンによって発表された「スキャモンの発育曲線」によって明らかだ。スキャモンの発育曲線は、20歳の時の発育を100%として、4つの系統の発達具合をグラフに表しています。この中で運動能力に関わるのが神経型です。神経系統は、前投稿でも述べましたが、生まれてから5歳ころまでに80%まで成長し、12歳でほぼ100%に達します。この時期は、神経系統の発達が著しい時期で、様々な神経回路が形成されます。何年も乗っていないのに自転車が乗れるのからも分かる通り、神経回路は一度できると消えることはないのです。私の指導しているバスケットボールのシュート、バス、ドリブル技術もマスターすれば、一生消えないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする