甲州街道を歩く 鳥沢~初狩

はじめに

大月桃太郎伝説

あの昔話のヒーロー「桃太郎」が活躍した場所は、実は大月だった…

昔、岩殿山に赤鬼が住んでいました。この赤鬼は、九鬼山の9匹の青鬼と一緒に住んでいましたが、とても乱暴者であったために九鬼山から追い出されてしまい、里の人々を苦しめていました。一方、岩殿山の東側には百蔵山(桃倉山)があります。これは昔桃の木がたくさん生えていたのでこの名前で呼ばれていました。ある日、たわわに実った桃の実の、中でも特別に大きな実がポトリと川に落ち、下流の鶴島(上野原市)に住むおじいさんとおばあさんに拾われました。その後のお話はご存知の通り。鬼退治に行く途中、犬目(上野原市)で犬、鳥沢で鳥、猿橋で猿を家来にした桃太郎は、勇気リンリンに攻めていきました。その時、右手で投げた長い杖が笹子に、左手で投げたみ短い杖が石堂に刺さり、大地震を起こしたため、石の落ちた付近を石動(大月市賑岡町)と呼ぶようになったそうです。今でも杖を見ることができます。…

以上の伝説がある。

東久留米駅7:36の電車に乗り、西武線、武蔵野線、中央線快速、中央本線を乗り継ぎ、鳥沢駅に9:17に着いた。旅籠叶屋跡、曏払い井上本陣跡を通り、猿橋まで歩く。

名勝猿橋…橋脚を使わず、両岸から張り出した四層のはね木で橋を支えている。日本三大奇橋(周防の錦帯橋、木曽の桟)の一つ。

猿橋は想像した以上に景観がよく、感動した。

猿橋で休憩した後、大月に向かった。

猿橋から大月まで2.6km、JR中央本線に沿って、何度も横断しながら進んだ。大月駅前で昼食をとる。ほうとうを食べたいという仲間がいたため、居酒屋風のお店に入った。本当にそこは居酒屋だったが、何とかほうとうを作ってもらった。素朴な味だった。普通のお店では1200円~1800円するほうとうもそこでは750円で済んだ。大月の後は、下花咲、上花咲、真木橋を通り、今日の終点の初狩駅まで到着した。初狩駅は無人駅だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする