「慣用句などの意味や使い方」を読んで

2018年9月26日(水)の東京新聞の上記の記事を読んで、自分も誤用していたことが分かった。

例えば、「なし崩し」は本来は「少しずつ返していく」という意味であるが、「なかったことにする」と思っていた。また、「檄を飛ばす」も本来は「自分の考えを広く人々に知らせ、同意を求める」という意味だが、「元気のない者に刺激を与え、元気づける」と捉えていた。また、使い方についても、「采配を振る」「留飲を下げる」「白羽の矢が立つ」など正しく使っていたのだろうか?もう少し日本語、特に慣用句に対して本来の意味をよく調べて使うべきかなと考えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする