諏訪清陵高校校歌

諏訪清陵高等学校校歌(第一)  
伊藤長七 作詞     

一、東に高き八ヶ岳 西にはひたす諏訪の湖
   大和島根の脊梁と 信濃にしるき秀麗の
   湖山の中に聳え立つ 吾學び舎を仰がずや

五、冬、綿嶺の山の雲 吹雪ぞ荒るる北風に
   堅氷鎖す方十里 若しそれ月の色冴えて
   學窓書に親しまば 吾雄心の湧かずやは
二、春城上の花霞 白帆のかげもほのかなる
   衣ヶ崎の朝ぼらけ 芙蓉の峰を望みては
   昔忍ぶの石垣に みやびの胸の通ふ哉
六、見よ千頃の田園や 煤烟つヾく製糸場
   世界の富を集めては 國の基を興さんも
   希望にみてる青春の 吾等を措きて誰かある
三、夏は湖水の夕波に 岸の青葉をうつしつつ
   オール執る手も勇ましく 漕ぐや天龍富士守屋
   げに海國の日の本の 男の子の意氣きぞたのもしき
七、思へや汽笛中央の 鉄路に沿うて響きつゝ
   心は驅ける五大洲 理想の岸は遠くとも
   日に新たなる進運の 學びの道に後れめや
四、唐澤山に秋長けて 御空も澄める運動場に
   思えば遠し千早振る 建御名方の英霊や
   絶えて久しき大神の 武健の腕を鍛へぱや
八、それサクセンの林中に 獨逸の國の力あり
   清き流れはアルプスの 深き谷より出づとかや
   ああ信山の健児等の やがて咲くべき春や何時
諏訪清陵高等学校校歌(第二)  
中島喜久平 作詞     

  ああ博浪の槌とりて 打破せむ腐鼠の奴原が
   彌生半ばのこの夢を

六、いざや友垣とぎおろす 破邪の利剱にうつる身の
   よしやつるとも大君に 南洋東亜の人の子に
   尽くさでやまむ心かと
一、おしてる難波の群あしの 世は昏々と華に眠り
   赳々武夫のおもかげは 氷に鏤りし玉楼の
   消えてあとなしあなあはれ
七、朝嵐暮烟名細しき 湖山の中にゐごもれる
   覇氣喚びおこし武に文に この世をさます床虫と
   ならでやむべき此身かは
二、空しかるべきをの子やも いで獨歩せむ天地に
   鷲がかゝなく八岳の 山高の骨ゆく青雲の
   たかき志を身に負ひて
八、あゝ麗水に金砂あり 崑岡玉を出すとか
   亂麻をたつの英傑は 其地人士の精粋の
   凝りては出づと知るや君
三、ひらかばならむ梓弓 はるの古城のはつ花と
   躍らばならむ天龍の 風雲紫閃の間より
   空を凌がむ勢と
九、再び槌をふりあげて いくその魔をばくだけかし
   夫れ質實をたてにして やよ勤儉をよこにして
   織りも出でなむ校風を
四、怪鳥かけらふわたつみの 中に碁布せる亂島や
   雲たち迷う國原の あをひとぐさはたによりて
   平和の二字を得むとする
十、山をもぬかむ意氣をもて 海をものまむ慨をもて
   鉄槌三度かざしては あらが手ぷりに靡けとや
   をたけべ友よ茜さす
五、春秋多き青年が わざにたぐへば筑波山
   は山繁山しげからじ 濱のまさごもいかでかは
   われ等たゝずぱよをいかむ
  朱曦八荒を照らすとき 芙蓉峰頭一點の
   理想の花の咲かむまで

今更ながらわが母校長野県立諏訪清陵高校の校歌が懐かしい。在学中は歌詞の意味も分からずイベントの度ごとに歌っていた。先輩たちは皆優秀で常にあこがれていた。同じ高校だったことを誇りに思い、出身中学校で組織する「諏訪西鳳会」の75期会長も務めた。3歳上の兄が行かなかったら、他の高校を選んでいたのかもしれない。今は定期的に開かれる「東京清陵会勉強会」に2か月に1度参加している。時が経つにつれて高校時代のことが思い出される。会があるたびに歌った校歌も肩を組んではねた金色の民も今は私の大切な思い出である。我が母校「諏訪清陵高校」は私にとってのナンバーワンの学校だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする