早稲田所沢キャンバスツアー→狭山湖→北山公園花菖蒲

今日、6月17日のウオーキングは早稲田大学所沢キャンバスからスタートした。所沢キャンバスは早稲田大学のキャンバスとしては本庄についで2番目に広い。南隣には狭山丘陵が広がり、自然環境としては素晴らしい場所に立地されている。所沢キャンバスが開設されたのは1987年で、現在は人間科学研究科、スポーツ科学部、同研究科等が設置されている。織田幹雄記念陸上競技場、野球場、新しくできた101号館、スポーツホールなど大学院生の案内人に案内してもらい特にスポーツ科学部の医学系の施設の充実には目を見張るものがあった。11時には学生食堂で昼食をとった。かき揚げ蕎麦、ツナサラダを頼んでも400円台、かなり安い。味もまあまあだった。

早稲田キャンバス南門から狭山湖堰堤に向かった。木立の中のウオーキングは気持ちがよかった。

木立を抜けると紺碧の狭山湖が見えた。この日は梅雨の合間で天気が良く、風も爽やかだった。「いきものふれあいの里(水鳥の楽園)」で休憩し、西武ドームを目指しながら多摩湖自転車道を歩いた。

多摩湖橋を渡り、多摩湖を南に見ながら掬水亭目指し歩いた。西武遊園地駅まで来ると多摩湖から離れ、西武園遊園地を左に見ながら八国山入口を目指す。八国山緑地は東村山市に属し、その雑木林の木陰はよく風が抜け、涼しさを感じさせてくれる。雑木林を抜けて、西武線を渡ると北山公園がある。北山公園の花菖蒲、アジサイは圧巻であった。

花菖蒲の鑑賞の後は、東村山駅に行き、所沢経由で東久留米に戻った。

今回のウオーキングは早稲田キャンバスから花菖蒲鑑賞とバラエティーに富んでいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする