「 学びの玉手箱 」一覧

新しく学んだことを記します。

雑司ヶ谷七福神めぐり

雑司ヶ谷七福神めぐり

七福神とは…福をもたらすとして日本で信仰されている7柱の神である。一般的には「恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋、寿老人、弁財天」とされており、それぞれがヒンズー教、仏教、道教、神道などの背景を持つ。

米津寺の草取り&墓掃除

米津寺の草取り&墓掃除

9月5日から毎週木曜日午前7時から午後1時まで、米津寺の草取り、墓掃除をすることになった。作業用のズボンに長袖のシャツ、帽子をかぶり、虫よけスプレー等を持参して自転車で出かけた。朝の空気は爽やかだった。

地域医療と法医学

地域医療と法医学

ここではすべて述べられないが、その他法医学の必要性、地域と大都市との格差、医師の責任の重さ、診断書で事故の処罰もあること、診断書により行政処分(違反点数)が変わってくることなど少しは理解できた。また、高齢者社会を迎えて、死の問題、健康寿命、ボケ問題、医療にかかわる看護師不足の問題等現実を少しは知ることができた。

法医学関係のことは、テレビドラマで見る程度だったが、ことの重大さを改めて感じた。

甲州街道を歩く 日本橋から内藤新宿 最終

甲州街道を歩く 日本橋から内藤新宿 最終

平成29年10月3日から始めた「甲州街道を歩く」も今日ですべて終了した。私は、16回すべてに参加し、合計222.1kmを走破した。1年半にも及ぶ活動だったが、やり遂げたという達成感がある。歩数には、毎回26000歩程度だったので、約416000歩歩いたことになる。 以下、今回の詳細について述べる。