「外来種」問題にひとこと

「外来種」問題にひとこと

「外来種」はたくさん日本に生息するが、日本のマスコミは寄ってたかって、海の向こうから来た日本人にとって迷惑な生き物だと決めつける。「外来種」の立場を考えると、自ら意図的に放り込まれた環境の中で必死に生きているに過ぎない。まら、地球温暖化に伴い、生態系の変化が確実に起きている現状を考えたときに一方的なこのような考え方を持つのはいかがなものであろうか

東京都議選

東京都議選

東京都議選が23日に告示され、42選挙区(定数127)に259人が立候補した。世間では、小池知事が代表を務める「都民ファーストの会」と自民党...

教育経済学者中室牧子氏の投稿から考える

教育経済学者中室牧子氏の投稿から考える

教育予算を教師に向けることもよいと考える。多忙化している教師には教材研究する時間が少ない。教育戦略はいろいろあるが、教師自身への研修に投資したり、教員定数の改善、配置、外部教材の活用などに向けるのも一案だと思う。少子高齢化社会になり、高齢者に対してのお金を削減して教育に回したい。教育でも教師自身の質の向上に向けてお金を使うべきだ。